Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
Google Mapsルートを検索

中央区銀座にある豊岩稲荷神社には、
銀座8丁目の会社に勤めていた頃、
初めて、存在を知り、お昼休みに同僚とお参りしたものです。

銀座は大好きな街で、その後も月に一回は出かけていますが、
ふとした拍子にこのお稲荷さんのことを思い出して、
2年前に、何十年ぶりかで再訪しました。

有名なおでん屋さんの「やす幸」さんの角を曲がると、
狭い路地が、すでに神社の参道となっています。

ここが銀座?とは思えないくらい静寂した路地に、
豊岩稲荷神社は、ひっそりと佇んでいます。

昼間でも薄暗く、夜は、吊灯篭の灯りが、
なんとも言えない情緒を醸し出しています。

私は、初夏に行きましたが、路地に入るとヒンヤリと涼しく、
ちょっとした霊気を肌で感じました。

お賽銭箱にはカバーがかかっています(盗難防止のため)が、
ちゃんとお金を入れることができますし、鈴を鳴らすこともできます。

また、地元の方がちゃんと用意してくださるのか、
お浄めの水用に、ちゃんとペットボトルの水が用意されています。

豊岩稲荷神社は、銀座の夜の女性たちには縁結び
地元の方には、火事除けのパワースポットです。

私が願掛けに行ったのは、当時、ファンだった俳優さんが、
トラブルに巻き込まれて、仕事を自粛せざるを得なくなり、
一刻も早い復帰を願って、願をかけました。

銀座の女性がお参りしているなら、
きっと、芸事や芸能に通じる願いをかけるのも良いような気がしたからです。

実際、豊岩稲荷神社は、歌舞伎役者市村羽左衛門も信仰していたそうで、
芸事の願掛けというのも、意外と通じるものがあるような気がします。

お参りが終わったら、ぜひ、路地をいろいろと歩いてみるのをおススメします。
実は、この豊岩稲荷神社から、意外とあっという間に、銀座中央通りに出られるのです。

関連するパワースポット一覧