Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
Google Mapsルートを検索

東京都新宿区西口、都庁近くにある新宿中央公園の中に
厳かで歴史のある十二社熊野神社があります。

東口にある花園神社と同じく、新宿の高層ビル群を見守る
新宿総鎮守として知られており、パワースポットとして
ふさわしい雰囲気が漂っています。

また、十二社熊野神社の由縁として、
現在の中野坂上から西新宿一帯の開拓や馬の売買などで財を成し
人々から「中野長者」と呼ばれていた、鈴木九郎という人物が
関わっているそうです。

今でも中野坂上付近の高速ICは「中野長者橋」と呼ばれているのは、
そこから来ているようですね。

その鈴木九郎が、当初自身のふるさとである
熊野三山の若一王子を祀ったところ、商売が成功し家運が上昇したので
後に熊野三山から十二所権現をすべて祀るようになったのが
始まりとされているようです。

付近の地名「十二社」(じゅうにそう)はこれに因んでいて、
この地名は現在でも通り(十二社通り)や温泉(新宿十二社温泉)の
名などにも見られています。

※新宿十二社温泉は2014年現在廃業されてしまっているようです

歴史があるわりには、とても綺麗な神社で、
公園内と、十二社通りのどちらからでも入れますが、
十二社通りの方は坂道や階段が多いですが、
坂道を登ったところには、大きな赤い鳥居石碑があり、
左側には豪華な神輿などが収められており、一見の価値があります。

毎年9月の第2土日付近には、お祭りがあるようなので、
お近くに立ち寄った際は、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

関連するパワースポット一覧